ワンダフルワークスのビジョン

独自性と時代性とユーモア性のある広告づくりで、地域オンリーワンを目指します。

愛知県一宮市にあるただでさえ小さな事業所だから、そのブランドづくりのために、きちんとしたビジョンが必要だと思っています。 常に3年後も事業が存続していて、生き残っていることが絶対の条件だと考えます。そのために、人の成長が大切で、自分がどのように社会貢献できるかを明確にしたいです。どなたでも広告作りや情報発信ができる時代。常識や型にはまることなく、業務に携わっていきます。

考えて、考えて、考えます
「何を」「どう」伝えるのかに徹底的にこだわって業務に取り組んでいきます。 頭や胸の中でグルグルもやもやしているメッセージを、言葉にして、デザインにして、 形にする広告づくりを手がけます。あやふやなものを具現化していく、ということです。思考しながら企画を練ります。もちろん、アイデアも出します。

安売りしません
値引きして、安くご依頼を受けることはありません。インターネット環境や広告制作ソフトが整い、どなたでも自分で広告づくりが可能です。 広告コストを抑えるために、自ら広告をつくってみるのも方法としてあげられます。
もちろん、クライアントの役に立つ情報を惜しみなく提供し、コストをかけない方法もきちんとご説明します。会話はキャッチボールであり、ポリシーや方針、ライバルよりも勝っている点、 何がやりたいのか、どんな夢や希望を持っているのかなど、クライアントのすべてを伺います。愛され続けるために、自分の意見を発言していきます。目指すべきゴールをしっかり打ち出して、何が必要かをお伝えします。

クライアントから信頼を得るため、現場に足を運びます
説得力のある広告づくりをするために、街を歩く、良いものを見る、一流の人と話すことを心がけています。例えば、飲食店からご相談をいただいた場合、その競合となる店舗を自分なりに調査します(競合店の広告展開、うわさや評判、客の入りなど)。クライアントが喜ぶための行動を自ら証明することによって、 信頼関係を築いていきます。

ワンダフルワークスの屋号についてはこちら
ワンダフルワークスの代表はこちら